~靴修理人のブログ~

あなたのブーツをリペア&カスタムしてみませんか!?

スポンサーリンク  

Used Boots Store.com(ソール交換について)

☆UsedBootsStore.comでは、 グッドイヤーウエルト製法の靴のみ、 アウトソールの交換を行っております。お取扱ソールは下記の通りです。・ビブラム4014(オフホワイト・ブラック) ・ビブラム2060(ブラック・ベージュ・ブラウン) ・ビブラム1010(オフホワ…

Used Boots Store.com(ユーズドブーツストア)について

☆当店は主に、 ・中古のブーツ販売 ・プラズマエアーウォッシャー(靴等の乾燥機) ・ソール交換 を主におこなっております。販売は、 BASEのショッピングサイトを使用しています。 よろしければ、ご覧になって下さい。 ↓ https://www.usedbootsstore.com/厳…

~靴の製法について⑤~ ステッチダウン製法

今回は、ステッチダウン製法についてです! ~ステッチダウン製法とは~甲革の縁部分を内側に巻き込まず、 外側に広げ、中底・ソールに縫い付ける製法。靴の内側に縫い目が存在しないため、 しばしば雨靴などにこの製法が採用される。ただし、外見上は外側に…

オールソールについて ~その①~

こんにちは! 今回は、レッドウィングのオーソドックスな、 靴底交換(オールソール)を、どのように行っているか見てみましょう!まずは、直し方についてお話致します。こう言ったブーツの底、いわゆるクレープソールを修理する方法として大まかに3種類あり…

~靴の製法について④~ セメント製法

大量生産の靴やスニーカー等 比較的安価な靴によくある製法です。~セメント製法とは~ 甲革とソールを縫い付けず、糊で接着する最新の製法。ミシン工程が存在しないので、靴底から水分が浸入する可能性は無く、雨靴にも採用される。大量生産に最も適してお…

~靴の製法について③~ マッケイ製法

こんにちは、次はマッケイ製法です! 特徴としては、靴の中に縫い糸が見えます。~マッケイ製法です~甲革とソールをマッケイミシンで直接縫い付ける。グッドイヤー・ウェルト製法に比べ構造が単純で、やわらかく仕上がる。また、グッドイヤー・ウェルト製法…

~靴の製法について②~ グッドイヤー・ウェルト製法

今回は、グッドイヤー・ウェルト製法についてお伝え致します。~グッドイヤー・ウェルト製法とは~紳士靴の基本的な製法である。 中底に貼り付けられたテープのリブと呼ばれる 部分に甲革、裏革と細革と呼ばれる細い帯状の革(ウェルト)を縫い付け(掬い縫い)、…

~靴の製法について①~ 

靴修理を行わせて頂くのに、 最も重要なことはなんと言っても靴の製法です。お客様から、修理をしたい靴をお持ちいただいたときに、即座にその製法を解らないと、どう直すかお客様に正しくお伝え出来ません! ましてや、製法を知らないとカスタムさえも受け…

~ブーツカスタムの例~ ~①足目・第③章~

こんにちは!たけっちです! さぁ、一足目もそろそろ終盤です。 ブログで書くと、 ③ページ位で終わってしまいますが笑 実際は、注文を受けてブーツに手を付けてから最短で7日ほどで完了することが多いです。 ただし、 ・注文を受けた靴が順番待ちが多い時 ・…

~ブーツカスタムの例~ ~①足目・第②章~

こんにちは! たけっちです!! まずは、ブーツの構造と言いますか、 ソール交換の時には欠かせない所なので、 お話しておきます。 まず、レッドウィングのブーツの構造は、 ほぼ全て、 『グッドイヤーウエルト製法』です。 この、製法は、主にビジネスシュ…

~ブーツカスタムの例~ ~①足目・第①章~

まず、 こんばんは! たけっちです!! 早速ブーツに関する依頼が来ましたので、 お見せ致します! ※もし、このブログを見て 『ブーツのことで聞きたいことがある!』って方は、メッセージお待ちしております! 相談したい靴の画像を添えてお願いします。 多…

~靴修理人として~

はじめまして、靴修理人のたけっちです!! 突然ですが、皆さん、靴に興味がありますか? ・仕事で履く靴。 ・ファッションで履く靴。 ・雨の日に履く靴。 そして ・素足でも履けるサンダル……。 挙げればキリが無いですが、家の外に出るときは必ずと言っても…

スポンサーリンク