~靴修理人のブログ~

あなたのブーツをリペア&カスタムしてみませんか!?

スポンサーリンク  

~ブーツカスタムの例~ ~①足目・第③章~

こんにちは!たけっちです!

 

さぁ、一足目もそろそろ終盤です。

ブログで書くと、

③ページ位で終わってしまいますが笑

 

実際は、注文を受けてブーツに手を付けてから最短で7日ほどで完了することが多いです。

 

ただし、

・注文を受けた靴が順番待ちが多い時

・材料を仕入れなければならない時

・あまりに複雑な修理等

 

その時によって納期は変わりますことを

ご了承下さい。

 

今現在の、納期やこういう修理はどうなの?

と言ったお問い合わせは、

トップページの右側にあるお問い合わせ欄

からもしくは、エドヤブーツに

お問い合わせをお願いします。 

 

さてさて、本題です!!

 

今回のカスタムに使う材料は、

エンジニアブーツなどにもよく使われる、

ビブラム700と言う種類を使っていきます。

 

耐久性は高く、滑りずらいと言う事から、

イカー乗りには重宝されているみたいです。

 

ここで、申し訳ありませんが、

作業に集中していたあまり…

 

①ミッドソールを接着剤で張る。

(あらかじめ、前回もご紹介した中のコルクを整えて)

 

②ウエルトに沿って周りを整えて

(あまり削りすぎてしまうと、縫えなくなってしまう可能性がある。)

 

③アウトソールを貼って

(ここでやっとビブラム700の、アウトソールを貼っていきます。)

 

④靴の周りにある糸を抜いた場所に、また新しく縫いを入れる。

(ミッドソールを取り付けたら、周りの余分なところを切り取る)

 

⑤ヒールを付けて

(釘をしっかり打つ。ここができていないと後で、かかとの部材だけ取れてしまう事になる)

 

 

⑤仕上げを行う

(しっかりと靴のラインに沿って削り、自然な出来上がりになるように整える)

 

 

※後ろから見たときも、部材がはみ出していたり、ズレていないか等最終確認をする

 

⑥完成

 

 

と言った工程の細かい写真を撮る作業を、

完全にすっ飛ばしてしまいました…。

 

まだまだブログを書く事に慣れていないのが露呈してしまいました。

 

かなり仕上げなどには、

神経を使いブーツ本体にもキズ等もつけてはいけないため、扱うときには十分に気を付けます。

 

また、靴のお直し、ブーツのお直しやカスタムを紹介していきますので、よろしければ見て下さいね!

 

まずは、一足目、完成です!

 

 

~ブーツカスタムの例~ 

~①足目・第③章~  終わり

スポンサーリンク