~靴修理人のブログ~

あなたのブーツをリペア&カスタムしてみませんか!?

スポンサーリンク  

~靴の製法について④~ セメント製法

大量生産の靴やスニーカー等
比較的安価な靴によくある製法です。

~セメント製法とは~
甲革とソールを縫い付けず、糊で接着する最新の製法。

ミシン工程が存在しないので、靴底から水分が浸入する可能性は無く、雨靴にも採用される。

大量生産に最も適しており、紳士靴・婦人靴・ビジネスシューズ・スニーカーなど靴の種類を問わず、全ての靴の製法の中では最安価な製法である。

また、最近ではソールに通気口を設けてさらに通気性を高めたものもある。

→メリット
・製造コストが安い。
・縫い目がある製法より水が浸入しにくい。

→デメリット
・通気穴を設けたものを除き、縫い目がある構造より蒸れやすい。
・一部を除き、底の修理が困難な場合、高額な場合が多く、実質的に使い捨ての物が多い。

スポンサーリンク