~靴修理人のブログ~

あなたのブーツをリペア&カスタムしてみませんか!?

スポンサーリンク  

オールソールについて ~その①~

こんにちは!
今回は、レッドウィングのオーソドックスな、
靴底交換(オールソール)を、どのように行っているか見てみましょう!

f:id:shoerepair-pro:20181018101459j:plain

まずは、直し方についてお話致します。

こう言ったブーツの底、いわゆるクレープソールを修理する方法として大まかに3種類あります。

①減った部分のみ新しい素材を足してあげる
②アウトソールのみ全部交換
③ミッドソール+アウトソールを全て剥がして、
 出し縫いの糸を一度抜いて、また縫い直す。

履く人によって何を求めているかにもよりますが、
一番多いのは、②のアウトソールのみ交換です。

何故かと言いますと、、
・底面全て新品になる。
・全体変えるのに、そこまで高くない。
・納期が早い
というお話をよくお聞きします。

上記3種類のメリット、デメリットを私なりにお書きします。

①のメリット
安価(大体3000円くらい)で直すことが出来て、
納期が当日などと早く出来る。

①のデメリット
減っている部分のみ新しい素材を足して直すと、まずは素材感が変わり多少色が変わったり、直した部分のみ踏み心地が変わり、違和感が出るかもしれませんが、必要な部分のみお直しする方法です。

f:id:shoerepair-pro:20181018102319j:plain

②のメリット
・底面全て新品になる。
・全体変えるのに、そこまで高くない。
 (大体1万円くらい)
・納期が早い
 (1週間くらい)

②のデメリット
・アウトソールを剥がした後、接着面を整えるときに縫い糸が切れる可能性がある。
・縫い糸が弱くなると、ミッドソールごと剥がれる可能性があるので何回も出来ない。

③のメリット
・底面全て変えるので、長持ちする。

③のデメリット
・価格が高い(大体15000くらい)
・納期が長い(大体2週間~4週間)

お客様の必要と思った修理方法で行っています。

スポンサーリンク